プロフィール

うとたかし
鹿児島に生まれて
3人兄弟の真ん中で、いつも喧嘩ばかりしていました。常に自己主張をしなければうずもれてしまうため、この頃から弁が立ったのかもしれません。今では3人ともとっても仲の良い兄弟です。
鹿児島に生まれて
右から2番目、故郷の神社にて初詣
 
小・中学校時代
昭和62年 3月  鹿児島市立 原良小学校卒業
平成2年 3月  鹿児島市立 城西中学校卒業
体育教師(柔道)の父と、3つ上の兄の影響を受けて柔道を始めました。 小学校のころはクラス一太っていましたが、柔道を始めてからは見る間にスマートに。 中学校では主将を務めました。
小中学校時代
体育祭にて 柔道の最前列が本人
 
高校時代
平成5年 3月  鹿児島県立 鶴丸高等学校卒業
高校時代は部活と遊びに明け暮れていました。 勉強は、常に低空飛行・・・・・。 柔道は高校時代に弐段まで取りました。 もちろん、師匠に「弐段」と言われたのではなく、正式にとりました。
高校時代
柔道部の主将として活躍。 最前列、右から3番目
自衛官として
戦闘機のパイロットにあこがれて、防衛大学校へ しかし学業成績不良がたたり、1年時にまさかの留年。 しかしそれが後々の財産になりました。 大学卒業と同時に航空自衛隊に入りましたが、視力適性がなく、止む無くパイロットを断念。 要撃管制官として、約9年間自衛隊で学ばせていただました。
 
平成10年 3月 防衛大学校(第42期)卒業 (理工学部 航空宇宙工学科)
平成10年 4月 航空自衛隊入隊
青森県 三沢基地 (防空指令所)
北海道 稚内分屯基地 (防空指令所)
福岡県 春日基地 (防空指令所) (西部航空方面隊司令官副官)
自衛官として
 
現役時代の訓練風景
「要撃管制官」とは、航空自衛隊における作戦運用の要ともいえる職種です。 平時においては24時間、日本の領空の警戒監視を行い、許可なく接近する彼我不明機(Unknown)に対してはスクランブル発進を下令します。 また有事の防空ミッションにおいては、要撃戦闘機やペトリオットミサイルに、攻撃命令を指令するのみならず、陸上自衛隊対空ミサイル部隊(中SAM)や、海上自衛隊イージス艦・P-3C対潜哨戒機とリンク連接を行って作戦情報の共有をする等、自衛隊統合作戦の要でもあります。 現役の時は、年数回のF-15DJ戦闘機による同乗訓練も行い、第一線での防空任務にあたっていました。
訓練風景
苦悶の末の一大決心
自衛官時代、実際に現場において命を懸けている現場の声や想いが、まったく政治に反映されない現状に、強い問題意識を持っていました。 「多くの政治家が軍事に関心がない。」これは、通常の国家では異常な状態です。 私は、国防という崇高な任務を全うする自衛官いう公職を、とても誇りに思っていましたが、その社会的地位や経済的安定を捨ててでも、敢えて政治という途方もない世界に挑戦してみようと一大決心し、松下政経塾の門を叩きました。
平成19年4月 松下政経塾入塾(第28期生)
松下政経塾
入塾時の集合写真/左から3番目
国政への初挑戦
平成21年の衆議院総選挙の結果を見て「このままでは日本が潰れる。保守政党を立て直すには今しかない。」と、一念発起。 松下政経塾を早期卒塾し、参議院選挙出馬の意思を固めました。同年12月9日、第22回参議院選挙比例区の自民党公認候補として、公認証を谷垣禎一総裁より交付されました。
国政への初挑戦1
 
防衛大学校の先輩でもある陸上自衛隊出身の参議院議員:佐藤正久先生のお力添えもいただき、逆風の中の激戦を最後まで戦い抜きました。 開票結果が出たのは朝の5時過ぎ、事務所に駆け付けた後援会役員と感動のフィナーレ。121,441名の皆様から信託を頂き、自民党比例区11番目のギリギリの当選でした。苦しい中を一緒に戦い続けてくださった、全国の支援者・同志の皆様には、心から感謝と御礼を申し上げます。
選挙戦最終日、西船橋駅前にて死力を尽くして演説
国政への初挑戦2
国会議員として
平成22年7月26日、国会議事堂に初登院。同期の熊谷大議員と一番乗りしました。 初めて議場に足を踏み入れた瞬間は、体中に鳥肌が立ちました。「この場で、日本国の重要な政策の決議が行われてきたのか」と、改めて付託された責任を感じました。
国会議員として1
 
自衛隊出身の議員として、国益を第一義に捉えた正論を掲げ、毎回の質問に立つよう心掛けています。これからも、応援の程、よろしくお願いいたします。
国会議員として2

現在の所属委員会及び役職(2016年4月現在)

予算委員会 理事

参議院所属委員会

外交防衛委員会 委員
東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 委員
憲法審査会 委員