2020年3月11日

参議院外交防衛委員会にて質問に立ちました!

3月10日(火)参議院外交防衛委員会において、宇都隆史が質問に立ちました!
以前より課題として上がっていた、自衛隊員の引っ越しに関わる費用について本年6月からの実費支給など処遇改善に関わる答弁を引き出すなど致しました。

【以下宇都隆史Facebook投稿より】
自衛隊員のみなさん。今年の6月から、引越し代金が全て「実費払い」になるので、引越し赤字は解消されます。

本日は、参議院外交防衛員会にて久しぶりの質問に立ちました。(私は筆頭理事なので、委員会運営の協議等に忙しく、質疑は他のメンバーさんにお任せしていたのです…)
 その質疑の中で、上記のように、「6月以降より、今後の隊員の引越しは、実費払いをする方向で、財務省とも最終調整中」との答弁をいただきました。
これまで、階級と年齢に応じて引っ越し代は定額支給だったのです。しかし、近年ドライバーさんの不足等の理由から、宅急便や運送業の価格が値上がりしており、また、公務員の移動は3月と8月に集中するものですから、隊員の3割が赤字引越しになるとの現状をずっと問題視してきて、防衛省に何とかするように働きかけを行い続けておりましたが、ようやく実りました!
(私の知り合いは、沖縄から東京への異動で、見積もりを取ったら100万を超えたらしいです)
ちなみに、最高額はこれまでの定額料金の3倍までということと、3社以上に見積もりを取り領収書を提出することが条件のようです。(ゆくゆくは、防衛省がコンペを行って、どこの会社が請け負うかも事前に決めて頂けると、引越しの手間が省けるんですが、それは今後の課題です。)

その他の質疑の様子も、是非とも「参議院インターネット審議中継」から、3月10日「外交防衛委員会」を御視聴ください。
https://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

『質疑内容骨子』
①防衛副大臣ポストの増設について
②転居手当の現状について
③募集広報官の交際費の官費補填について
④自衛隊隊舎の和式トイレの洋式化について
⑤徳之島空港の利用と将来的な官民共用化について

外防11