2015年10月16日

最後の公務:フィリピン

10/1〜10/3にかけて、フィリピンのマニラへ出張して参りました。

目的は二つ。一つは、南シナ海での中国の挑戦に対して、共に協力して立ち向かうことを改めて確認しあい、11月のAPECに向けての、強いメッセージ発信と、今後の防衛技術協力に対し協議を進めること。二つ目は、5年前から止まっている遺骨帰還事業を再開するため、総理親書を携えて協定締結の促進をお願いしてくること、でした。

セギス外務次官、アズクエッタ国防次官と面会し、忌憚ない意見交換を行い、いずれも日本政府の意思を理解してもらい、協力することを約束できました。

また、日本が建てたカリラヤ慰霊碑に献花・焼香をし、英霊に感謝の誠と早期帰還への誓いを立てて参りました。12112248_882251641841590_8614019487159633575_n[1]

そしてこの公務を最後に、10月9日付で、外務大臣政務官の要職を辞任致しました。
在職中は、皆様からお支えいただき、誠にありがとうございました。
防衛だけでなく、経済や開発援助、核・軍縮問題や、国際法、科学技術分野と、視野を大きく拡げることができ、大変勉強になりました。

実績は以下の通りです。
総出張回数 : 14回
訪問国・地域数 : 32ヶ国
訪問日数 : 96日
総移動距離 : 407,655.2km(地球10.19周分)

これにより、いよいよ来年の参議院選挙に突入することになります!防衛代表の私の選挙結果は、平和安全法制の国民評価そのものだと認識していますので、重責を感じています!

皆様のご支援をよろしくお願いします