自民党入党案内

今後の活動

最近の活動

  • 2016/2/1 平成28年宇都隆史後援会総会・懇親会が開催されました。

    総会懇親会伊藤1月29日(金)に、グランドヒル市ヶ谷におきまして、平成28年佐藤正久後援会・宇都隆史後援会の合同総会・懇親会が開催されました。平成27年の事業報告・決算報告が承認され、平成28年の事業計画・予算計画が承認されました。

    懇親会では、全国から防衛関係団体の皆様に御参集いただきまして、盛大に開催されました。うとたかしが今夏改選を迎えるにあたり、皆様方から激励の言葉をかけていただき、うとたかしも決意をあらたにいたしました。

    常に活動を支えて下さっている後援会の皆様に感謝しながら、益々精力的に活動して参ります。総会後援会総会 西元

  • 2016/1/4 新年あけましておめでとうございます。

    本日、新年の幕開けとともに、第190回通常国会が召集されました。

    早朝に、うとたかし国会事務所の一同で、靖国神社にて昇殿参拝を済ませ、新たな1年を始めさせていただきました。

    仕事始めが招集日という慌ただしい中で、国会開会式を終えた後は、正門前にて和装振興議員連盟の先生方と記念撮影に参加し、ひとときの和やかな時間を過ごしておりました。

    いよいよ勝負の年がスタートしました。本年も「生まれ変わるなら、また日本がいい」と思える国づくりへ、うとたかしは全力で邁進して参ります。

    皆様のよりいっそうのご指導・ご鞭撻と、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

    本年が、皆様にとって幸多き1年となりますよう御祈念いたしております。280104靖国参拝 ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

活動履歴

  • 2016/2/1
    平成28年宇都隆史後援会総会・懇親会が開催されました。

    総会懇親会伊藤1月29日(金)に、グランドヒル市ヶ谷におきまして、平成28年佐藤正久後援会・宇都隆史後援会の合同総会・懇親会が開催されました。平成27年の事業報告・決算報告が承認され、平成28年の事業計画・予算計画が承認されました。

    懇親会では、全国から防衛関係団体の皆様に御参集いただきまして、盛大に開催されました。うとたかしが今夏改選を迎えるにあたり、皆様方から激励の言葉をかけていただき、うとたかしも決意をあらたにいたしました。

    常に活動を支えて下さっている後援会の皆様に感謝しながら、益々精力的に活動して参ります。総会後援会総会 西元

  • 2016/1/4
    新年あけましておめでとうございます。

    本日、新年の幕開けとともに、第190回通常国会が召集されました。

    早朝に、うとたかし国会事務所の一同で、靖国神社にて昇殿参拝を済ませ、新たな1年を始めさせていただきました。

    仕事始めが招集日という慌ただしい中で、国会開会式を終えた後は、正門前にて和装振興議員連盟の先生方と記念撮影に参加し、ひとときの和やかな時間を過ごしておりました。

    いよいよ勝負の年がスタートしました。本年も「生まれ変わるなら、また日本がいい」と思える国づくりへ、うとたかしは全力で邁進して参ります。

    皆様のよりいっそうのご指導・ご鞭撻と、ご支援のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

    本年が、皆様にとって幸多き1年となりますよう御祈念いたしております。280104靖国参拝 ??????????????????????????????? ???????????????????????????????

  • 2015/12/22
    徳之島にて講演会を開催しました。

    12月21日(月)うとたかしは、幼少期を過ごした第ニの故郷鹿児島県徳之島町亀津で、陸上自衛隊奄美配備について、これからの南西諸島防衛の重要性について講演しました。また、自衛隊へのご支援についてお願いをして参りました。同級生とも再会し、懐かしさににも触れた徳之島訪問となりました。944912_537000309794786_8496900557900647372_n10334380_537000316461452_1628286041438192357_n

  • 2015/12/10
    日本国を守るということ

    「我が子を戦場におくるな!」という標語をよく耳にしますけど、「じゃあ、誰が守ってくれるのさ?」無責任だな…といつも思います。

    かつて、バリバリの左翼教師(女性)とこの手の議論をした時に、「では、いざという時にはどうするのですか?」と尋ねたら、臆面もなく「息子と共に海外に逃げます!」と答えました。
    戦場に送るなってことは、成人した息子であるはずで、恋人もいれば友人や世話になった先輩後輩もいるでしょう。結局、そういうのを全て見捨させて「ママは貴方を危険な目に会わせたくないの!」って言う、過保護な母親のエゴイズムではないのでしょうか…。だって、故郷も年老いた両親も、友達も親族も見捨てて、「自分達さえ良ければ」ってことですよね…。

    もし息子が、「いや、ママ、僕は愛する彼女を守らなきゃいけないし、この故郷や日本が好きだから、ここに残って仲間達と一緒に戦うよ!」と答えたら、この手の人達は何と答えるのでしょうね?「ママの言うこと聞きなさい!いつから貴方はそんな野蛮な人間になったの?人殺しに育てた覚えはないわ!」と息子の決心を否定するのでしょうか?

    1973年5月1日、百里基地所属のF-4EJは、空中射撃訓練にのため同基地を飛び立ち、茨城県沖にて訓練を行っておりましたが、原因不明の空中爆発…。若いパイロットは還らぬ人となりました…。
    残されたのは、若き未亡人と小学校二年生の息子。少年はいつしか父親の背中を追いかけ、航空自衛隊のパイロットを目指し、防衛大学校を受験することを決意します。
    母は、次は息子を失うことになるかもしれないという不安と苦しみに慄き、始めは強く反対をしますが、最後には息子の決意を受け止め、「どうせ行くなら、絶対に戦闘機のパイロットを目指し、父の叶わなかった夢を実現させなさい!それ以外の妥協は許しません」と、少年を送り出しました。

    防衛大学校にて航空要員となり、晴れてパイロットの道を歩み始めた青年でしたが、道は険しく、殉職して神格化された父親と常に比べられ、飛ぶことが苦痛と感じる時もあったことでしょう。しかし、父の夢、母との約束、を守るため青年は戦闘機パイロットとしての技量を磨き続けました。DSC_0364

    やがて、青年にも愛する人ができ一人前の家庭を設け、彼も一人の父親となり、息子を授かることが叶いました。
    いつしか、彼の夢は、親子三代に渡る挑戦となり、彼の息子も防衛大学校の学生となり、62期生(航空要員)として学業訓練に励んでいます。
    今や、父となった青年は、現在は防衛の最前線である九州のある基地司令として、約1500名の隊員を束ね、西の空の防人として、国家の独立と国民の安寧のために、日夜神経を研ぎ澄ましています!

    母も息子も、妻もそのまた息子も、本当に御立派です!
    この話を聞いて、あなたはまだ「我が子を戦場に送るな」と言い続けられますか?
    私の敬愛する先輩、O将補の実話でした。

  • 2015/12/1
    11月28日:長崎県大村市陸海空合同記念行事に出席

    12308672_904873399579414_2611128529879509855_n[1]

    11月30日、長崎県大村市におきまして、うとたかしは、陸海空の4部隊(陸自大村駐屯地、陸自竹松駐屯地、海自大村航空基地、空自福江島分屯基地)記念行事に参加いたしました。

    平成5年から続くこの統合記念行事、全国でも珍しい式典です。
    古くから防人の「辺要の地」として地政学的意義を成す長崎県。うとたかしのご先祖様も、元寇(弘安の役)に際し、壱岐において高麗兵・元兵と戦って退けています! 現代の防人達に、心からのエールを送りました!

  • 2015/11/17
    自民党佐賀県連女性局政策研究会にて講演しました!

    11月15日(日)佐賀市内にて、自民党女性局の政策研究会で講演をして参りました。うとたかしは、120名ほどの皆さんに対して、我が国の安全保障政策の変遷について話をさせていただきました。いつの時代も、国を支えるには賢く強い女性陣の活躍が必要不可欠です。 皆さんの真剣なまなざしが力となった講演になりました!ご参集いただいた皆様、設営いただいた女性局の皆様、ありがとうございました。12249778_526172804210870_7172625473046272025_n 12241581_526172877544196_4356371252301201961_n

  • 2015/11/17
    第35回札幌防衛セミナーにて講演しました!

    ???????????????????????????????11月14日(土)北海道札幌市内にて、札幌地方隊友会主催による「第35回札幌防衛セミナー」で講演して参りました。うとたかしは、外務大臣政務官時代に経験し、感じた外交の重要性と、今の憲法の成り立ちから近代史を振り返り、安全保障政策の変遷とこれから国や政治は、どう対応していくべきなのかを皆様に訴えました。ご参集いただきました400名を超える皆様と、主催いただきました札幌地方隊友会の皆様方に、心より感謝申し上げます。そして今回は石平先生とのダブルキャストでありました!??????????????????????????????????????????????????????????????

  • 2015/10/29
    国分駐屯地創立60周年記念式典に出席(10月25日)

    10月25日、陸自国分駐屯地の60周年記念行事に出席させていただきました。
    日本国また、我が故郷九州を護るために、日夜努力を傾ける現場の隊員の皆さんに、心から感謝と敬意を表すとともに隊員皆様のご活躍とご健勝をご祈念し、祝賀会にてお祝いの言葉を述べさせていただきました。

    12187851_891762987557122_6766072793165851830_n[1]駐屯地に所在する間、私をエスコートしていただきました陸曹長と一緒に写真を撮らせていただきました。ありがとうございました。

  • 2015/10/23
    安全保障フォーラムin鹿児島

    10月12日鹿児島市中央公民館において、安全保障フォーラムin鹿児島2015を開催させていただきました。祝日にもかかわらず、多くの方々(540名)にご来場頂きましたこと、誠に有難うございました。
    また、主催を頂きました、隊友会・自衛隊父兄会・郷友会の皆様と、うとたかし後援会青年部の皆様にも、厚く御礼申し上げます。

    うとたかしは、国民理解を深めるため、これからも各地を訪問して、安倍政権の進める外交・安全保障政策の説明責任を果たして参ります!

    これからも皆様のご支援ご教導の程、宜しくお願い申し上げます。12079278_886525241414230_6725174605671370664_n[1]

  • 2015/10/16
    10月4日:陸自西部方面総監部創立記念式典に出席

    10月4日、陸自西部方面総監部創立60周年記念式典に出席いたしました。陸自西部方面隊は九州全域から尖閣列島を含む南西諸島全域を警備隊区として担当しており、県軍駐屯地正面の公道を更新する隊員たちの目は、精強な姿をみなぎらせておりました。また記念会食では、水陸両用部隊の準備隊長として勤務している防大同期生にも再会でき、充実したひと時を過ごさせていただきました。12088022_882950785105009_8370169360169933415_n[1]

  • 2015/10/16
    最後の公務:フィリピン

    10/1〜10/3にかけて、フィリピンのマニラへ出張して参りました。

    目的は二つ。一つは、南シナ海での中国の挑戦に対して、共に協力して立ち向かうことを改めて確認しあい、11月のAPECに向けての、強いメッセージ発信と、今後の防衛技術協力に対し協議を進めること。二つ目は、5年前から止まっている遺骨帰還事業を再開するため、総理親書を携えて協定締結の促進をお願いしてくること、でした。

    セギス外務次官、アズクエッタ国防次官と面会し、忌憚ない意見交換を行い、いずれも日本政府の意思を理解してもらい、協力することを約束できました。

    また、日本が建てたカリラヤ慰霊碑に献花・焼香をし、英霊に感謝の誠と早期帰還への誓いを立てて参りました。12112248_882251641841590_8614019487159633575_n[1]

    そしてこの公務を最後に、10月9日付で、外務大臣政務官の要職を辞任致しました。
    在職中は、皆様からお支えいただき、誠にありがとうございました。
    防衛だけでなく、経済や開発援助、核・軍縮問題や、国際法、科学技術分野と、視野を大きく拡げることができ、大変勉強になりました。

    実績は以下の通りです。
    総出張回数 : 14回
    訪問国・地域数 : 32ヶ国
    訪問日数 : 96日
    総移動距離 : 407,655.2km(地球10.19周分)

    これにより、いよいよ来年の参議院選挙に突入することになります!防衛代表の私の選挙結果は、平和安全法制の国民評価そのものだと認識していますので、重責を感じています!

    皆様のご支援をよろしくお願いします

  • 2015/10/2
    9月27日:陸自東北方面隊記念式典に参列

    9月27日、陸自東北方面隊の55周年行事に参列しました。
    平和安全法制の国会通過に伴い、見直すべき隊員の処遇改善(民間に劣らない生涯給与、生活環境、子育て支援、退職後の生活保障、殉職時の遺族扶養、生前叙勲)について、今後しっかりと議論することを約束してご祝辞を述べさせていただきました。12038088_880255062041248_2155851539072942638_n[1]

    控室では東北方面総監村松陸将への表敬ご挨拶もでき、また式典会場への異動間は防衛大学校の先輩で、松下政経塾の先輩でもある村井宮城県知事とご一緒させていただきました。

  • 2015/9/25
    所沢市「マルシン会」にて激励をいただきました

    9月21日(月)、所沢市の隊友会有志および地域の方々が、宇都隆史激励のために国政報告会を開催してくださいました。なぜ今平和安全法制が必要なのかという事を、お話しさせていただきました。

    DSC01010 DSC01006皆様の熱いご期待に応えられるよう、更に邁進してまいります。

  • 2015/9/25
    「やまとのこころの会」を発足していただきました。

    9月19日(土)、永田壮一千代田区議の呼びかけにより、宇都隆史を囲む会を開催していただきました。ご参加の皆様から、一度かぎりの会にするのはもったいないとの声をいただき、「やまとのこころの会」と命名して継続的に開催することになりました。期待に応えるべく、今後もしっかりDSC00968と活動して参ります。

  • 2015/9/17
    (公財)偕行社主催「市ヶ谷台慰霊祭」に参列

    9月16日、(公財)偕行社主催の「平成27年度市ヶ谷台慰霊祭」に参列し、市ヶ谷台に眠る阿南陸軍大臣をはじめとする英霊と自衛隊創設以来、志半ばにして任務中に殉職された千八百四余柱の殉職隊員慰霊碑にお参りし、ご冥福をお祈りするとともに、わが身の更なる精進と日本国の安全・繁栄をお祈りして参りました。001 (2)

  • 2015/9/17
    【ロブレド・チリ国防次官による宇都外務大臣政務官政務官表敬】

    宇都外務大臣政務官は,15日,戦略的実務者招へいで来日中のロブレド・チリ国防次官の表敬を受け,8月11日から13日のチリ訪問に言及しつつ,議員交流の活発化や防災・防衛分野での協力関係拡大による二国間関係の強化に期待を表明しました。

    ロブレド次官から,訪日を通じて日本の安全保障政策への理解が深まっていると発言がありました。さらに防衛交流等を通じ,今後も日本との関係を強化させたい旨述べました。270917

  • 2015/9/12
    陸上自衛隊第5旅団(帯広駐屯地)創立64周年記念式典に出席しました

    9月12日(土)、十勝晴れの中、陸上自衛隊第5旅団(帯広駐屯地)創立64周年記念式典が挙行されました。精強を誇る隊員を前に、うとたかしは式辞で、国際環境の変化に対応できた国だけが、生き残っている人類の歴史を紹介し、平和安全法はまさに変化する国際環境に呼応するものであることを訴えました。9.12帯広式典1

  • 2015/9/3
    8月23日~26日 : 海外出張レポート@メキシコ

    DSC_5055 8月24日(現地時間),宇都外務大臣政務官は,日・メキシコ経済連携協定(EPA)発効10周年記念セミナー開会式に出席しました。冒頭挨拶の中で,昨年7月の総理訪問の大きな成果の背景には,日・メキシコEPAの10年の実績があり,同EPAを基礎に,過去10年間で両国間の貿易・投資が飛躍的に拡大,深化した旨述べました。 8月25日(現地時間),  日・メキシコEPAビジネス環境整備委員会 へ, 日メキシコEPAに基づき設置されたビジネス環境整備委員会第8回会合に共同議長として出席し,両国民間団体と共に,治安,知財・基準認証,税務・通関,観光,労務などの両国の関心事項について討議を行いました。

    メキシコ⑤

  • 2015/8/17
    8月10日:海外出張レポート@ボリビア

    8/10 首都ラパスに到着。ラパス空港は、世界一高い空港として有名で、なんと標高4054m‼
    高山病予防の薬を飲んでの公務実行です。
    飛行機を降りるとすぐに医務官が待機していて、さっそく血中酸素濃度と脈拍数の検査。現地の人でも亡くなることがあるとのことで、とにかく走らない、急に動かない、を徹底されました。
    午前中は、外務次官との会談。北朝鮮の人権決議案に反対票を投じているボリビア政府に支持を取り付けるよう説得したり、国連の安保理決議に賛同するよう根回ししたり、時間一杯多くの意見交換をしました。
    午後には、ガルシア・リネラ副大統領との懇談。東京で食事をしたこともあり、今回は二回目の会談でした。かつての革命闘士で収監された経歴を持つ強者なのですが、哲学的なインテリ政治家で、一政治家としても多くの触発を受けました。
    夕刻には、現地で活躍する青年海外協力隊の皆さんを激励。
    夜は、上院・下院議長主催の夕食会において、憲法改正を含む様々な互いの国の立法制度についての意見交換ができました。

    ボリビアは南米で最貧国の部類に入る途上国ですが、国の発展度合いと学ぶべきことの有無には関係がありません。
    今回の訪問も、日本の国益を増進する上で様々な種蒔きができたと同時に、私個人として多くの事を学ぶ事ができました。

    11825083_856877254379029_7069002229056791371_n[1]海外青年協力隊員

  • 2015/8/17
    8月11,12日:海外出張レポート@チリ

    8/11〜12、うとたかしは外務大臣政務官としてチリのサンティアゴにて活動して参りました。
    国土面積は日本の2倍。人口約1700万人の南米の親日国です。
    地震等の自然災害が多く、南北に細長い地形で、東西を山脈と海に、南北を砂漠と氷河に囲まれたチリは、ラテン気質とは異なる島国気質を備えて国民性を持ち、とても勤勉で誠実な人柄を持つ国です。
    私は、8/11の夕方入り、まずは公邸にて、現地進出している日本企業の経済人らとの懇談を行いました。商社の多くは銅鉱山の事業に従事しており、近年の同価格の下落と、経済成長率の下方修正に対し多くの時間を費やし意見交換しました。
    翌、8/12は朝からチリの日本議連の皆さんが朝食会を開いてくれ、政治全般の意見交換を行いました。議会はパルパライソという首都から車で40分程離れた街にあるのですが、議会開催中にも関わらず、5名の上下院議員が集まってくれて、今後も議員外交を加速することを誓い合いました。その後、午前中はリベロス外務副大臣との懇談。2017年の国交樹立120周年に向け、相互に力を尽くすことを確認しました。昼食はそのまま、リベロス外務副大臣が昼食会を開いて下さり、フレイ元大統領他30名程の外交関係を交えて、中国の通貨切り下げに伴うアジア経済への影響などをテーマに懇談しました。夕方には、サンティアゴ中央日本人会の幹部の皆様と意見交換。日系2〜3世を含む日系社会との絆の再構築を約束しあいました。会長の坂本氏(2世)のお父様は、江田島の海軍兵学校のご出身で、ミッドウェー海戦にも参加した海軍戦闘機乗りだったそうで、戦後「大洋漁業」で働き、チリに移住することになったとのこと。戦後70年の節目に、貴重な話を聞くことができました。
    夜は現地で活躍する日本人関係者との懇談でした。天文学や医療分野、経済界から教育、農業分野まで、幅広い世界で日本人がチリの人達と力を合わせ頑張っていました。

    11896103_858719317528156_259626526668885346_n[1]