自民党入党案内

今後の活動

  • 2015/07/31
    戦後70周年記念 郷友安保フォーラムにて講演およびパネリスト登壇しますnew

    開催日時 : 平成27年7月31日(金)13:00~16:00

    第1部   3人のパネリストによる基調講演 13:00~14:15

    第2部   パネル・ディスカッション   14:30~16:00

    コーディネーター  井上和彦 (軍事ジャーナリスト)

    パネリスト     宇都隆史 (参議院議員・外務大臣政務官)

    神谷万丈 (防衛大学校 教授)

    長島昭久 (衆議院議員・元防衛副大臣)

    開催場所 : グランドヒル市ヶ谷3階「瑠璃の間」

    東京都新宿区市谷本村町4-1 最寄駅 市ヶ谷駅

    TEL03-3268-01111

    会  費 : 1000円(学生・自衛官は無料)

    主  催 : 一般社団法人 日本郷友連盟

     

     

  • 2015/08/01
    赤沢りょうせい後援会 青年部総会にて講演しますnew

    開催日時:平成27年8月1日(土)17時30分~

    開催場所:養和病院地域交流ホール

    鳥取県米子市上後藤3-5-1

    演題「安倍政権における安全保障・外交政策の現状と展望」

    主 催 :赤沢りょうせい後援会青年部

     

  • 2015/08/02
    自民党栗東市支部連絡協議会定期大会にて講演しますnew

    開催日時: 平成27年8月2日(日) 16:00~

    開催場所: JA栗東市総合センター桃李館

    滋賀県栗東市小野493-1

    演 題 :「21世紀の道標-外交・安全保障の側面から」

    主 催 : 自民党栗東市支部連絡協議会

  • 2015/08/29
    「防衛講演会」にて講演します

    日時:8 月 29 日 (土) 15 時 00 分 ~ 19 時 00 分

    場所:石川県小松市日の出町4-93 ホテルサンルート小松

最近の活動

  • 2015/7/24 7月23日、ニカラグアを訪問

    7月21日夜日本を出国、宇都たかしは外務大臣政務官としてニカラグアを訪問しております。

    中米最大の国土面積を持つニカラグア。ハイチに次ぐ最貧国ですが、大統領の圧倒的力で治安は比較的良く、日系人や邦人企業は少ないものの、矢崎総業(自動車部品)等が頑張っています。
    今回のミッションは、国交樹立80周年を記念しての政務の訪問と、安保理改革についての連携模索でした。

    7月23日午前中は、現地で視覚障害者に鍼指圧等を教育している東洋学院(八巻学長)を訪問。多くの視覚障害者が、東洋医学と日本語を学んで、活き活きとしている姿が印象的でした。

    午後からは、サントス外務大臣と会談。開発アジェンダや先進国の環境問題への責務、安保理改革等、様々なテーマで意見交換ができました。

    夜はオルテガ大統領の私邸にて会談をし、今後の両国の友好と国際的な土俵での更なる連携を約束しあいました。(写真)

    また、翌朝現地で活躍する青年海外協力隊の皆さんを激励し、同時に現場の問題点を聴取してきました。若い女性の皆さんのガッツに、勇気と元気を貰いました.

     

    11781594_847951191938302_5584103591289655384_n[1]

     

  • 2015/7/9 7月3日(金)小原台クラブで講演

    7月3日、うとたかしは霞が関ビル35階にて小原台クラブ(防大同窓生自衛隊早期退職者OB会)の総会懇親会に出席し、講話をさせていただきました。

    現在の外務大臣政務官の職務の概要と、1945年8月15日ポツダム宣言受諾から1952年4月28日サンフランシスコ講和会議の日本国の主権回復にいたる経緯、この間、連合国支配下(主権存在せず)での1947年5月3日日本国憲法発布の時代背景について、更には1950年6月朝鮮戦争勃発時の自衛隊前身である警察予備隊の発足などを講話させていただきました。

    おりしも小原台クラブ会長である大段氏が一週間前にご逝去されるという悲しみの中での開催であり、遺影の前で心を込めての講話を捧げました。P1120768新たに会長となられた長谷川氏(17期生右側)と副会長河野氏(17期生左側)です。

活動履歴

  • 2015/7/24
    7月23日、ニカラグアを訪問

    7月21日夜日本を出国、宇都たかしは外務大臣政務官としてニカラグアを訪問しております。

    中米最大の国土面積を持つニカラグア。ハイチに次ぐ最貧国ですが、大統領の圧倒的力で治安は比較的良く、日系人や邦人企業は少ないものの、矢崎総業(自動車部品)等が頑張っています。
    今回のミッションは、国交樹立80周年を記念しての政務の訪問と、安保理改革についての連携模索でした。

    7月23日午前中は、現地で視覚障害者に鍼指圧等を教育している東洋学院(八巻学長)を訪問。多くの視覚障害者が、東洋医学と日本語を学んで、活き活きとしている姿が印象的でした。

    午後からは、サントス外務大臣と会談。開発アジェンダや先進国の環境問題への責務、安保理改革等、様々なテーマで意見交換ができました。

    夜はオルテガ大統領の私邸にて会談をし、今後の両国の友好と国際的な土俵での更なる連携を約束しあいました。(写真)

    また、翌朝現地で活躍する青年海外協力隊の皆さんを激励し、同時に現場の問題点を聴取してきました。若い女性の皆さんのガッツに、勇気と元気を貰いました.

     

    11781594_847951191938302_5584103591289655384_n[1]

     

  • 2015/7/9
    7月3日(金)小原台クラブで講演

    7月3日、うとたかしは霞が関ビル35階にて小原台クラブ(防大同窓生自衛隊早期退職者OB会)の総会懇親会に出席し、講話をさせていただきました。

    現在の外務大臣政務官の職務の概要と、1945年8月15日ポツダム宣言受諾から1952年4月28日サンフランシスコ講和会議の日本国の主権回復にいたる経緯、この間、連合国支配下(主権存在せず)での1947年5月3日日本国憲法発布の時代背景について、更には1950年6月朝鮮戦争勃発時の自衛隊前身である警察予備隊の発足などを講話させていただきました。

    おりしも小原台クラブ会長である大段氏が一週間前にご逝去されるという悲しみの中での開催であり、遺影の前で心を込めての講話を捧げました。P1120768新たに会長となられた長谷川氏(17期生右側)と副会長河野氏(17期生左側)です。

  • 2015/7/3
    防衛大学校グライダー部OB会総会に出席

    6月27日(土)は、防衛大学校グライダー部のOB会でした。
    懐かしい先輩、同期、後輩と共に、20年前にしばしタイムスリップした気分でした。

    航空の仕事からは離れましたが、「空翔ぶ参議院議員」として、翼を失ってはいませんよ!
    これからも、羽ばたいて参ります!

    11698576_835831743150247_8281829695657463314_n[1]

  • 2015/6/24
    6月22日茨城県防衛協会青年部総会に出席

    6月22日(月)、うとたかしは茨城県防衛協会青年部総会にて「なぜ今平和安定法を制定しなければならないのか」をテーマに講演させていただきました。

    昭和20年8月15日にさかのぼって日 本の防衛の変遷とあり方をお話しさせていただき、いま、話題の「自衛官のリスク」「巻き込まれ論」「徴兵」など、野党の主張についてその矛盾点を指摘しました。列席者の皆様からはわかりやすかったとのご好評をいただき、ありがたく感謝の気持ちとともに、さらなる国会での努力奮闘に思いをいたしました。

     

    DSC00806

     

     

  • 2015/6/24
    6月8日、日本地雷処理を支援する会(JMAS)に出席

    平成27年6月8日、日本地雷処理を支援する会(JMAS)の「第13回 通常総会懇親会」に出席しました。

    JMASのますますのご健闘と、日頃のご活動に対する感謝とお礼を述べさせていただきました。

    JMASはこのたび、規約を改正して、戦没者遺骨収集事業に取り組むことを決定しました。

    今国会中にも成立の見込みの「遺骨帰還法」に合わせての改正です。

    一日も早く祖国への帰還を待っている英霊のご遺骨帰還に協力してくださるJMASの皆様に感謝します。

  • 2015/6/24
    6月21日、南スーダンから帰国行事に参加

    @山形県神町にて
    南スーダンから帰国した、第7次派遣隊(第6師団)の帰国行事に、外務省を代表して参加して参りました。
    七ヶ月の海外勤務で、灼熱の太陽の下、真っ黒に日焼けした隊員達の顔は、任務を遂行した充実感と自信に満ちたものでした。それと同時に、久々に家族と会えた安堵の表情(^-^)

    何が一番大変でしたか?と尋ねると「やはり、家族と離れていることが、一番のストレスでした」「留守の家族と子供のことが心配でした」という隊員が多かったです。中には、出発の5日前に子供が産まれた隊員や、出張中に産まれた隊員もいて、留守を預かる奥さんにとっても、大変だったことでしょう。
    子供達は、もう昨日からパパべったりみたいで、本当に嬉しそうでした。

    ご家族の不安や心配を払拭する為にも、政治が誠意と覚悟をもって事にあたり、国民と共に歩む丁寧な政権運営を行わねばと、子供らの笑顔に誓いました。

     

    10418878_833136796753075_7855218613496252997_n[1]

  • 2015/6/18
    6月13日(土)東カリブ漁業大臣会合に出席

    海外出張レポート
    @アンティグア・バブーダ
    6月13日(土)東カリブ漁業大臣会合に出席して来ました。
    この会合は、日本が音頭をとって始めたもので、16年の歴史を持ち、「鯨類を含む海洋資源の持続的な利用を確保」をするための集まりです。
    解りやすく言えば、各国とも小さな島国で、水産業は彼らの生活基盤であり基幹産業で、日本は資金・技術含めその育成を支援する代わりに、IWC等の国際会議の場で、日本と共に反捕鯨国と戦う連携を図るものです。11215175_829953080404780_4830514553018103192_n[1]カリブ諸国を担当する手塚トリニダード・トバゴ大使と、アンティグア・バブーダ首相

    またカリブ諸国で構成する政治共同体「カリコム」には、半数以上が台湾を国家承認し国交があり、安全保障の観点からも、連携を強化すべきグループで、またカリコム諸国の多くが、旧イギリス植民地であり、母国語として流暢な英語を話すため、国際会議の場でも、活発に発言をする、いわゆる「声の大きな」国々なのです。彼らにも中国の東シナ海・南シナ海での横暴は伝わっており、海洋国家としても海における法秩序を守ることには、人一倍関心の高い国々です。

    国内では国会が大変厳しいおりではありますが、中長期の国益を見据え、安倍政権を代表して、しっかりと仕事をして参りました。

  • 2015/6/11
    平成27年6月8日 日本地雷処理を支援する会(JMAS)の「第13回通常総会懇親会」に出席しました

    JMASはこのたび、規約を改正して戦没者遺骨収集事業に取り組むことを決定いたしました。

    今国会中にも成立の見込みの「遺骨帰還法」に合わせての改正です。一日も早い祖国への帰還を待っている英霊のご遺骨帰還へ、協力くださるJMASの皆様に感謝いたします。1433764070137

  • 2015/6/8
    6月5日、在日米軍司令官交代式に出席

    6月5日(金)、在日米軍横田基地にて、司令官の交代式が行われ、うとたかしは外務省を代表して出席してきました。
    アンジェレラ司令官から、ドーラン司令官(空軍中将)へ。11406911_825926817474073_149823396727681601_n
    二人は昔から同じ釜の飯を食べ育ったF-16のパイロットです。
    26年前、ドーラン大尉は三沢基地に所属し、訓練中の機体の不具合で洋上にてベールアウト!
    太平洋の只中を、数十時間漂いました。その時に悪天候の中、真っ先に救助に駆け付けたのは海上自衛隊のUS-1でした。
    ドーラン中将は、「自分の命が今あるのは、日本の自衛隊のおかげ、命の恩人に恩返しをするつもりで、在日米軍司令官の職を務める」と話してくれました。
    与えた恩は必ず返って来ます。逆に与えた仇も…。
    日米の絆が、また更に固まった瞬間でした!

  • 2015/6/5
    6月3日、うとたかしを励ます会を開催

    004

    6月3日(水)、都内において「うとたかしを励ます会」を開催しました。

    多数の国会議員の方々から、日頃お世話になっている方々にお集まりいただき盛大な意見交換会となりました。各テーブルの皆様にもご挨拶させていただきました。

    皆様からは自民党に対する期待と、うとたかしに対するたくさんの応援、ご要望、激をいただき更なる精進と努力を傾注する決意の場となりました。

    沢山の応援をいただき、ありがとうございました。

  • 2015/6/3
    6月1日(月)沖縄、航空自衛隊を訪問

    5月31日(日)北海道千歳市から、沖縄に移動。

    6月1日(月)は、沖縄戦の慰霊碑に献花の後、航空自衛隊、南西航空混成団を部隊視察させて頂きました。

    今回の防衛省設置法の改正により、第9航空団(仮称)が新編予定です。
    また、先に新編された警戒航空隊 第603飛行隊(E2-C)や、航空総隊に編成変えになった、救難隊、昨年で468回(南混のみ、全体は943回)のスクランブルを記録したF-15のアラートハンガーにて、待機飛行要員、整備員を激励しました。

    何処の部隊でも、かつての同僚や同期(基地司令のご配慮か、ありがたい)が出迎えてくれ、家に戻ったような懐かしさを感じました。
    しかし、かつてのゆったりとした沖縄の部隊イメージはありません。どの隊員も引き締まった顔と眼光鋭く、士気の高さを感じました。

    現場は、強い使命感の下、任務達成に粛々と勤めています。政治は現場の真摯な努力に敬意を表し、中身のある論戦をせねばと、改めて感じました。

     

    10408827_823641201035968_4883242731222438107_n[1]

     

     

     

  • 2015/5/29
    5月23日から26日まで米国シアトルとグアテマラを訪問

    5月23日から26日までの間、うとたかしは外務大臣政務官として米国シアトル・中米グアテマラを訪問しました。

    米国シアトルの航空産業関連の日本企業等と意見交換を行うとともに、経済交流の更なる活性化と関係強化に努めました。

    引き続き中米グアテマラを訪問、第2回日・中米ビジネスフォーラムに出席してオープニングセッションで挨拶するとともにペレス大統領とともにテープカットを実施して日・中米の更なる関係強化を図りました。

    ■大統領と展示ブース・テープカット5月25日午前IMG_6863

  • 2015/5/13
    5月4日 南スーダンPKO派遣部隊を訪問

    5月4日、ジブチ訪問に引き続き、外務大臣政務官として南スーダンPKO派遣隊を訪問、派遣部隊を激励してきました。その際我が同期生とも再会、嬉しいひと時を過ごしました。

  • 2015/5/13
    (公社)日本青年会議所埼玉ブロック主催「全国一斉!国民の主権者意識醸成プロジェクト」にパネリストとして講演

    2015年5月2日(土) 午後2時30分~午後4時00分に大宮法科大学院講堂にて公益社団法人日本青年会議所埼玉ブロック主催の「全国一斉!国民の主権者意識醸成プロジェクト」が開催され、うとたかしはパネリストとして講演させていただきました。。

    このイベントには学生含む多くの若年層が参加し、憲法に関して活発な議論を行われ、明日の日本を支える根本となる憲法について今後の活発な議論を醸成するとともに、議員として地道な活動をしてゆく必要性を感じました。

  • 2015/5/13
    陸上自衛隊第14旅団記念式典に参加

    4月29日(水)うとたかしは自衛官OB国会議員として、陸上自衛隊第14旅団創隊9周年、善通寺駐屯地創立65周年に出席、祝辞を述べさせていただきました。

    四国には元来善通寺駐屯地の普通科連隊を基幹とした部隊しかなく、高知県には自衛隊部隊がいないという状況でしたが、14旅団創設で四国の防衛警備と災害派遣を担当する即応性の高い部隊が創設されました。

    整列した隊員の皆様の真摯な姿に接するにつけ、私に与えられた任務の大きさを痛感した一日となりました。

  • 2015/5/4
    5月4日ジブチを初訪問

    外務大臣政務官うとたかしは初のジブチ訪問、非常に有意義でした!外務大臣、大統領との会談から、海賊対処派遣隊の視察、国民議会議長との懇談、現地青年協力隊との意見交換、と盛り沢山でした!海賊対処は、十分に評価され粛々と行われています。今年に入ってからは、海賊事案は0件です。しかし、隣国イエメンの混乱が対岸の火事で収まらず、大きなインパクトを与えていました。また、中国の台頭が著しく、彼らは札束を武器に新たな海軍基地建設に乗り出しています!さて、これより、エチオピア経由でケニアに移動します。明日はケニア経由で南スーダンに参ります。

    11056432_811311602268928_7263668887729501389_n[1]


     

  • 2015/5/4
    4月27日:中央大学新入生歓迎後援会にて講演

    4月27日うとたかしは中央大学多摩キャンパスにおいて中央大学辞達学会(弁論部)主催の新入生歓迎講演会で講話の機会を得ました。

    演題は「自衛隊出身議員が語る、日本の安全保障」でした。講演は日本の安全保障以外にも議員を志した理由や議員として苦労した事など学生の質問に応じて柔軟に講演していました。溌剌とした若さあふれる新入生のエネルギーをいただくとともに、冗談も交えながら講演会は終始良いムードでした。DSCF0203

     

  • 2015/5/1
    在京メキシコ大使と懇談

    外務政務官うとたかしは4月初旬、在京メキシコ大使と懇談する機会を得た。日・メキシコとの友好親善関係の歴史は古く、さらなる両国の友好親善の深まりを高めるべく意見交換をしました。

  • 2015/5/1
    4月28日、主権回復記念日 国民集会に出席

    先の大戦で敗れ連合国軍の占領を受けた我が国は、主権を奪われました。
    そして昭和27年4月28日、サンフランシスコ講和条約の発効を受けて主権を回復したこの日を記念して開催された国民集会に出席しました。この「主権回復の日」は第2次安倍内閣によって定められており、2013年政府主催として今上天皇・皇后両陛下をお迎えして開催されたのが初めてであります。

  • 2015/5/1
    4月28日靖國神社に昇殿参拝

    4月28日、伝統と創造の会(稲田朋美会長)では、主権回復の日に当たり、 会員の一人として仲間たちと共に靖國神社に昇殿参拝しました。うとたかしは一政治家個人として日頃から先の大戦のご遺骨のご帰還にも思いをいたしているところであり、戦没者の御霊に対して心からの参拝をさせていただいた。